HOME › みんなのメッセージ「家族の大切さを感じた」
そらちゃん
  • このサイトについて
  • 朗読会について
  • みんなのメッセージ
    • 将来の夢と生きる希望
    • 命の大切さを実感した
    • 家族の大切さを感じた
    • 周りの人への感謝の気持ち
    • 気持ちが軽くなった
    • 自殺をしてはいけない
    • いじめをなくそうと思った
  • 座右の銘募集
  • 朗読会への参加のお知らせ
  • 命のリンク集
  • お問い合わせ
みんなのメッセージ

家族の大切さを感じた

たった一つの命だから、精一杯生きよう。自分と周りの人のために。
- 中学1年生女子 -

 今日は、朗読会を開催して下さりありがとうございました。とても、感動する話がたくさんありました。その中でも「おばあちゃんへ」という話がとても心に響きました。この話の朗読を聞いて家族をもっと大切にしなきゃ、だめだなと思いました。

 私は家族に対してすぐおこってしまい、きつく当たってしまいます。それが私の短所でもあります。でも、家族を大切にしようという気持ちがあれば、この短所を克服できるような気がします。

 また、えいかさんのように、生きたくても生きられなかった人の事を知り、そのような人たちの分も精一杯生きたいと思います。そして、この命を自分と周りの人たちのために使えたらいいなと思います。

 そして、誉佳さんのような、人に勇気を与えられるような人になりたいです。

たった一つの命だから、粗末にせず、自分もほかの人も大切にしよう。- 中学3年生 -
- 中学3年生女子 -

 今回は「たった一つの命」の朗読会を開催して下さり、ありがとうございました。朗読して下さったさまざまなお話はどれも心に響くものばかりで、度々泣いてしまいそうになりました。

 その中でも私が特に感銘を受けたのは「友人の娘」のお話です。友人の方は最初、友達に「一緒にいるとバカになる」「もう遊べない」と言われた娘が怒りも悲しみもせず「またね」と笑顔で言ったのを見て、「言葉の意味が分からないんだ」と悲しみました。ですがその後、娘が学校の作文で「私がバカだから、ママが悲しむ」と書いていたのを知り、強い母になろうと決心した友人と、その娘には私はとても感動しました。

 他にも様々な命の大切さを学べる物語を聞いて、とても貴重なお話を聞く事ができ、これからの自分の生き方も考えさせられるものがありました。ありがとうございました。

たった一つの命だから、物、人、動物、植物、すべてを大切にして1日1日を楽しく笑顔ですごして行く!!!
- 中学3年生女子 -

 「社団法人たった一つの命」の皆さん、今回は素晴らしい朗読会を開催して下さって本当にありがとうございました。

 私は朗読会で一番印象に残っているのは“友人の娘”です。友達に“バカがうつっちゃうからもう遊べない”と言われたのに笑顔で「じゃあ、ばいばい」と明るい返事ができたのはすごいなと思いました。きっと私だったらすごくショックで返事すれできないと思います。もう自分の事で精いっぱいになってしまいます。なのに、お母さんの心配をしていて、本当にやさしい子なんだなと思いました。

 そんな話が聞けたのは「社団法人たった一つの命」の皆さんのおかげだと思っています。ありがとうございました。私もこの話を聞いて自分の親や友達を大切にしようと思いました。

 あとは“おばあちゃんへ”も印象的でした。お母さんがいなく、お弁当や始業式などはすべておばあちゃんだったのでイヤだったという話も最終的にはありがたさが伝えたくなっていました。私もたまに自分の母にあたってしまう事があるので、自分を生んでくれた大切な人だから、1日1日を大切にしていこうと思いました。

 これからは命を大切にしたいと思います。

たった一つの命だから宝物をもっと自分の宝物にする。
- 中学1年生女子 -

 私は時々嫌な思いをすると、も-ヤダ、なんで生まれてきたんだろう?人間っていやだなと思います。

 でも、誉佳さんの話を聞いて、親からもらったたった一つの命を大切にし、困難があったり嫌なことがあっても立ち直り、元気に明るく毎日を過ごしていきたいです。

 たった一つの命だから宝物をもっと自分の宝物にする。私は大切な宝はたくさんあります。その中でも一番大切なのは家族です。

 この朗読会を聞いて、家族がこうだったらどうしようと考えていたら涙が出てしまいました。いつもけんかしている妹と離れたらなど・・・と思っていました。

 そう考えると、一つのお話で両親を亡くした姉三年生、弟一年生のお話です。ある日、おばあちゃんに遠足にお弁当を作ってもらいました。しかし、カラフルじゃなかったため、文句を言ったそうです。

 このお話を聞いて私もお母さんおばあちゃんにいつも口答えを言ってしまいます。感謝の気持ちを思っていなかったからだと思います。

 朗読会のおかげで感謝の気持ち、命の大切さを学び、これから自分の命を大切にし自分の宝物をもっと自分の宝物にしたいです。

たった一つの命だから、両親を大事にしたい。
- 小学4年生女子 -

 私は今日の朗読会を聞いて「命」って、とても大事だと改めて思いました。自分の生まれたときのことは全く覚えていませんが愛情をこめて育ててくれたのよく覚えています。これからも「両親」「友達」を大事にしたいです。

 両親を大事にしたい。私の両親が居なかったら私は生まれてこない。そう思うと、両親ってとても大事な気がする。

 私が生まれてきたとしても両親がいないと私はひとりで生きていけない。私たちのために毎日仕事に行ってくれる。忙しい時もちゃんと付き合ってくれる。私たちの事を一番に思ってくれる。

 怒られる時もあるが、私たちのために思ってくれる。そんな大事な存在。いままでありがとう・・・。これからもずっとずっとよろしくお願いします。