HOME › みんなのメッセージ「命の大切さを感じた」
そらちゃん
  • このサイトについて
  • 朗読会について
  • みんなのメッセージ
    • 将来の夢と生きる希望
    • 命の大切さを実感した
    • 家族の大切さを感じた
    • 周りの人への感謝の気持ち
    • 気持ちが軽くなった
    • 自殺をしてはいけない
    • いじめをなくそうと思った
  • 座右の銘募集
  • 朗読会への参加のお知らせ
  • 命のリンク集
  • お問い合わせ
みんなのメッセージ

命の大切さを実感した

たった一つの命だから、その命の灯を精一杯ともし続け、最高の自分へずっとずっと歩んで行こう! 世界中のみんなへ
- 中学1年生男子 -

 ぼく達のために、はるばる来ていただきありがとうございます。ぼくはこんなにひとの命を大切だと思ったことがありませんでした。

 今日ぼくは変わりました。

 ぼくは生きたくても生きられない人の分まで、精一杯がんばって生きていかなければならないと思います。

 ぼくが一番心に残っているのは「おばあちゃん」というお話しでした。この話でぼくは本当に自分を見つめました。「もし、これが自分だったら」と・・・。とても心をうたれました。ぼくは生んでくれた母さん、大切に思ってくれる家族。そして、支えてくれる友達、みんなに感謝したいです。

 みんな ありがとう!

たった一つの命だから、大切に精一杯生きよう!!!
One for All. All for One.
- 中学1年生女子 -

 今日は素敵な朗読会をありがとうございました。

 今まで、あまり命について考えたこともなかったし、今日の授業も正直、あまり楽しみではなかったです。でも、朗読会を終えて、今日、この話を聞いてよかったなぁと思いました。

 私は「おばあちゃん」っていう話と「友人の娘」に感動しました。

 みなさんがこのような活動をして、全国の人がいろいろ感じたり、命の大切さとかを考えていると思うので、すごいなぁと思います。えいかさんの話も、朗読の話も、すごいですね。改めて、命の大切さや、ここまで生きてこれている幸せを感じました。

 今もこの人嫌いとか言ってしまうことがあります。だけど、なるべく言わないようにしたいと思います!!!今日の言葉をきいて思いました。友達、家族、周りの人、今まで関わってきた人はずーっと大切にしていきたいです。そして、「社団法人たった一つの命」のみなさんが全国に広がり、幸せな社会になっていけばいいなぁと思います。

 今日は、ありがとうございました。これからも頑張って下さい。

毎日を大切に生き、生きていく素晴らしさを分かり、生きていく。
- 中学1年生男子 -

 社団法人たった一つの命の皆さん今日は僕たちのために、わざわざ来て下さって、どうもありがとうございました。あなたたちのお陰で、たった一つの命をこれからも守れそうです。

 ぼくは今日の朗読会を行って思った事はやっぱり命は大切な物だから、大切にしようと思いました。

 これからもみんながたった一つの命を守るように努力をしたいです。

たった一つの命だから、毎日明るく過ごす。
- 中学1年生女子 -

 この朗読を聞いて「命」は、1つしかないのだから大切にしなくてはいけない事を誉佳さんはとても分かっているなと思いました。

 命はとても重いものでお父さんとお母さん両親を生んでくれた祖父母など私たちが生まれるまでに、遠い遠い道があって今の自分がいるのだから「命」というものを粗末にしていけない。

 「命」を無駄にしてはいけない事を誉佳さんの一つ一つのメッセージはとても大きなものだなと思いました。

 たった一つの命だから、毎日明るく過ごす。

 ポジティブに日々を生活していた方が、自分が生き生きといられるし、後ろ向きでネガティブ思考だと長生きしたくても生きられなかった人々に申し訳ないと思います。

 なので私は、毎日友達や家族と楽しく明るく過ごして自分の「命」を大切にしていきたいです。

たった一つの命だから、父母、その先の祖先にも感謝しなければならない。
- 中学1年生男子 -

 今回の朗読会を聞いて、忘れかけていた事を思い出しました。それは、今こうして自分が食べたり、遊んだり、寝たり、普通の生活を送れるのは、父、母が僕を生んでくれたおかげということ。この朗読会のおかげで命の大切さを実感しました。

 たった一つの命だから、父母、その先の祖先にも感謝しなければならない。

 遠い祖先からの命の受け渡しで、自分たちの命があるのだから。そして、何より一番感謝しなければいけないのはおなかを痛めて、ぼくたちを生んでくれた父、母に感謝しなければいけない。父、母に感謝する心を忘れずに毎日を生きてほしいと思います。

 どんな事にもくじけず、何事にも前向きに生き生きと生き続けてほしいと思います。父、母の事を思いながら・・・。